自分を知る記事一覧

【7つ星ホテル】ジ エンパイア ブルネイに泊まった話【松本からブルネイへ】

自分を知る

こんにちわ。フジオです。

今回はブルネイ・ダルサラーム国にある「7つ星ホテル」に泊まった話をします。

(コロナの影響で海外へ行けないので、気分だけでも海外を味わえるブログを書いてみました)

【7つ星ホテル】ジ エンパイア ブルネイに泊まった話【松本からブルネイへ】

世界には2つだけ7つ星ホテルと呼ばれるホテルがあります。

ドバイにある「ブルジュ アル アラブ」そして今回ご紹介する「ジ エンパイア ブルネイ」です。

場所はブルネイの海沿い。

2017年秋頃に、一人旅で訪れました。

長野県松本市からブルネイへ

今回ご紹介する旅は、知り合いを訪ねてマレーシアへ行くのがメインでした。

せっかくなので、隣国ブルネイへ1泊2日で立ち寄ることにしました。

出発地は長野県松本市。

特急あずさで新宿→日暮里→成田空港→マレーシア→ブルネイへ行きました。

今回の記事では、マレーシアからブルネイに向かうところから書き始めます。

マレーシアからブルネイへ

マレーシアのジョホールバル。シンガポールに近いマレー半島の最南端にあります。

宿はAirbnbで手配。韓国人が経営するゲストハウスでした。

Grabで車を手配。

明け方に宿を出て、ジョホールバル空港へ向かいました。

マレーシアの猫。

ジョホールバル空港(JHB)へ到着。

空港のケンタッキーで朝ごはんを。

飛行機はairasiaを利用。

出発。

窓の外の景色がきれいです。

ブルネイが見えて来ました。

ブルネイ国際空港へ到着。

ブルネイはイスラム教国。人口は40万人ほどの国です。

マレー語が多いですが、英語も使えます。

7つ星ホテル ジ エンパイア ブルネイ へ :1日目

旅の目的は7つ星ホテル。

空港から即タクシーで向かいます。

車で20分くらいでした。

到着

元は迎賓館として利用されていたとのこと。

総大理石のロビーは、まさに豪華絢爛。

ホテルフロントマンの英語は流暢ですが、早すぎて聞き取れませんでした。

部屋へ。

ホテルは1泊2万円。

ドバイの7つ星ホテルは1泊15万円からとのことなので、リーズナブルに感じます。

散歩へ出かけました。

部屋を出るとすぐホテルのプライベートビーチが。

美しい。

ホテルのプライベートシアターまであります。

映画1本で8$ほど。

大きなハルク像があります。

海沿いへ。

日が暮れて来ました。

夕日が美しい。

しばらく海を眺めた後、ホテルへ。

部屋へ戻ります。

夜のホテルはまた違った表情を見せてくれます。

夜は大理石が一層輝きます。

晩ご飯はホテルの敷地内にあるレストランへ。

60$ほどのビュッフェ。入ってみました。

たくさん食べました 笑

全部美味しいのですが、特に海鮮が美味しい。

散歩をしながら部屋へ。

夜の海沿いを歩いている時、地元の福岡を思い出していました。

夜のロビー。

なんだか。

綺麗過ぎて怖くなります。

部屋の冷蔵庫。ブルネイはイスラム教国なので、基本的にお酒が飲めません。

初日終了。

おやすみなさい。

7つ星ホテル ジ エンパイア ブルネイ へ :2日目

おはようございます。

とても良く眠れました。

朝ごはん。

宿泊着は半分くらいは欧米の方。

半分くらいはアジア系の方で、日本人も1組だけ見かけました。

さらばエンパイアホテル。

タクシーでホテルを後にしました。

市内観光。

ニューモスク。ミナレットが見えます。

インド系の運転手さんが撮影スポットを教えてくれました。

王族の宮殿。

ブルネイ博物館へ。

入り口にある車が壮観でした。

祭典で使用されたようです。

博物館を後にして。

水上集落を見ながら車を走らせます。

3万人が水上で生活をしているとのこと。

大きな船もあります。

ここで一度タクシーを降りようとしたら、カードが使えず現金で払って欲しいとのこと。

持ち合わせていなかったので、近くATMで300$くらい下ろしました。

オールドモスク到着。

壮観。

イタリア人建築家の設計とのこと。

シンメトリーではないんだなぁと思いながら、写真撮影。

観光終了。

大満足でした。

ブルネイ国際空港へ。

ありがとうブルネイ。


マレーシアへ戻りました。

7つ星ホテルは最高でした。

またいつか行きたいと思います。

ご覧頂きありがとうございました。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました